保育士の求人を探す際のポイント

保育士求人をチェックするときには、まず自分がどんな条件の保育士求人を探しているのか、希望を整理するところからはじめてみましょう。

今の職場環境の何に不満があって新しい職場を探しているのか、次の職場に求めるのはどんな勤務条件なのかを考えてから求人をチェックすることで、いろいろな保育士求人の中から、自分に合った求人を選び出しやすくなります。逆に希望を整理せずに求人を探し始めてしまうと、あれもこれも・・・と希望がふくらみ、いつまでたっても自分の働きたい環境に合っていると感じるような求人に出会えなくなってしまいます。

また、希望をただ並べるだけではなく、その中で優先順位を決めておくことも大切です。実際に面接を受けた後、仮に複数の職場から内定をゲットできたとき、どこを選べば来年以降の自分がよりハッピーに毎日を過ごすことができるのか、冷静に判断する価値基準があると、その場の雰囲気に流されて、後悔の残る転職をしてしまうリスクを減らせます。

保育士は人手不足

近年問題となっているのが保育士不足になります。毎年新卒者はでているのに保育士を辞めてしまう人が多いし、求人で新しく募集をかけていてもなかなか、働く人数がいないというような状況になります。

なぜ保育士が不足しているのかというと、過酷な労働なうえに毎月もらうお給料は安いし、朝早くから出勤をして夜遅くまで働かないといけない、また子ども同士のいじめら、子どもの保護者からのクレームに対応するのが大変などという理由があるからだそうです。また、保育士の資格があるのにもかかわらず、保育士の仕事をしていないという人も多いようです。

こんな状況なので、保育園に入りたくても入れない子ども達や、働きたくても働けないお母さんが増えてきています保育士の求人を募集したら、働いてもらえるように国の対策としては、未経験でもオッケー、潜在保育士の復職にあたって一時金を普及する、小学校や幼稚園の免許がある人でも採用できるようにするなどの対策をして、保育士求人を増やしていく努力をしています。

PAGE TOP